キャン・ステーション サイトロゴ

MENU

news新着情報

Carstay、藤枝市のドライブスルー式PCR検査場に大型キャンピングカー導入

更新日 : 2020.05.23

Carstayは、医療機関にキャンピングカーなどを無償で貸し出す「バンシェルター」プロジェクトの一環として、静岡県藤枝市が6月中に開設するドライブスルー方式のPCR検査場に大型キャンピングカー1台を提供すると発表した。
藤枝市は6月から約3か月間、公営駐車場に設置予定の新型コロナウイルス感染症に係る地域外来・検査センター(PCR検査センター)内に、長さ8.2×横幅2.5×高さ3.1メートルのキャンピングカーを設置する。

藤枝市は、新型コロナウイルス感染症の円滑な検査体制を確立することを目的として、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」に申請。「ドライブスルー・ウォークイン PCR検査等導入事業」における、医療従事者の休憩スペースとして、長期間キャンピングカーをレンタル・設置するために「バンシェルター」に申し込みを行った。

新型コロナウイルス感染症が拡大する状況下、医療機関の病床や、医療従事者の休憩スペース拡充が求められている。このように医療機関などの駐車場スペースにキャンピングカーを配置することで、病床、待合室、診察、医者・看護師など医療従事者の休憩施設などとして役立てることができる。また、移動型の医療施設としてキャンピングカーを応用利用することで、緊急時の新たな施設建設にかかる莫大な投資を避けることができる。

Carstayは今後、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を含む、各種制度を活用し、新型コロナウイルス感染症の第2・3の波に備え、検査・診療体制の拡充を推進する、地方自治体を支援していく。

引用: 纐纈敏也@DAYS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000003-rps-bus_all



Archives