キャン・ステーション サイトロゴ

MENU

news新着情報

買えない…でもほしい!! こんなご時世だからレンタルキャンピングカーという選択肢

更新日 : 2020.06.27

コロナ禍を受けて、重要視されるようになったパーソナルスペースやソーシャルディスタンス。公共交通機関で移動すると、人との距離を保ちにくく、自動車での移動が注目されている。
しかし、クルマで移動しても、ホテルなどの宿泊施設は不特定多数のお客さんが出入りしているということで不安に感じる人もいるだろう。そんな時にお薦めしたいのが「レンタルキャンピングカー」だ。

  コロナ禍の前からキャンプは人気で、キャンピングカーに興味を持っていた人もいるのではないだろうか? 

  しかし、キャンピングカーと聞くと高額な車両で、レンタルでもなかなか手が出しにくいのでは? と考える人もいると思う。実はそうではない。今回は、実際に自身もレンタルキャンピングカーを借りて、旅行を楽しんでいるライター・森吉雄一氏が、その魅力ある世界を紹介する。
新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言も段階的に解除され、感染者の減少からついに緊急事態の終了が告げられた。毎年ゴールデンウィークには家族旅行を予定していたが「今年はしょうがない」とあきらめた読者も多かったはずだ。

  宣言が解除になった今となっては、これまでどおり自由にドライブや旅行にだって出かけることが可能となったのだが、誰もが当たり前のようにマスクを着け、どこの店に入ってもまずは手の消毒を行う日々で、気分的にもコロナ前に戻ることはできないというのが現実。ホテルなどの宿泊施設も、不特定多数の客が出入りしているという点でやはり不安になってしまう。

 「この手があったか! 」と気が付いた人はもう動いていた。「STAY HOME」期間中、家の中で出来ることをみんなで探しているなか、実は「STAY HOME」した家ごと出かける方法があった。まさに逆転の発想、攻めの「STAY HOME」、それが「キャンピングカー」だ。

  これなら3密を避けたプライベートな空間を維持しながらお出かけと宿泊をセットで行うことが可能。さらにペット同乗OKの業者が多く、旅行の度に高額なペットホテルに預けるしかなかった愛犬も一緒に旅することができるのは嬉しい。

  何となくキャンピングカーの存在は知っていたのだが、自分には無縁の存在だと気にも留めないで過ごしてきた方がほとんどだと思う。それは「きっと価格が高い」「きっと大きくて運転が難しい」「きっと普段使えない」などのネガティブな要素からまるでフェラーリなどのスーパーカーと同じ「所有するのが難しい枠」のクルマだからではないだろうか。

  確かに値段は新車価格が500~900万円程度(ベース車両やオプションにより大きく変動)とセカンドカーとして購入するには敷居が高く、その大きさからも駐車場を選ぶため自己所有するにはそれなりの覚悟が必要となる。

  だが「レンタルキャンピングカー」となるとほとんどのネガティブ要素から一気に解放される。新車価格が高いうえに需要が限られるという点からもレンタル料も高いと想像するのが普通だが、一般的なワンボックス程度の料金で借りられるとしたらどうだろう? それだけでもう頭の中にいろんな可能性が広がってきたはずだ。
コロナウィルスによる外出自粛要請が出ていた時、「3密」を避けられる場所ということでいち時期キャンプ場が脚光を浴びた。キャンプと言えば「お父さん」の株を上げるチャンスだが、テントを使った本格的キャンプとなると実は敷居が高く、いちから設備や用品を揃えるとなるとかなりの費用がかかるうえに、天候や気温によっては拷問にさえなりかねない。

  自然が相手なだけに事故や怪我の可能性だってある。それだけに経験も必要で、「あーでもない、こーでもない」と説明書片手にモタモタとテントを建てているようじゃ、逆にお父さんの評価も落ちてしまい子供たちを誘っても二度と首を縦に振ってくれなくなるかもしれない。

  だけど、キャンピングカーならクルマを停められる場所ならどこでもそこがキャンプ場になる。たとえ大雨が降っていようが車内で快適に過ごすことができるのだ。

  それでは実際にいくらかかるのか? 筆者が週末に家族4人と犬1匹で、河口湖までキャンピングカー旅行に出かけた時の料金を紹介する。レンタルした車両は西東京市の『キャンピングカーレンタル東京(ジェイオートサービス)』で最も安いキャブコン(トラックに居住区を追加したタイプ)「バンテック・アトム307CX」というモデル。

 

  このキャンピングカーを選んだ理由は、まず値段が安かった(平日1万6000円、週末1万9000円/日)こと、全長4570×全幅1890×全高2600mmと見た目ほど大きくなく運転しやすそうだったこと。あとはペットの同乗がOK(料金10%アップ)というのも理由のひとつだ。

  車両レンタル料 1万9000円×2日=3万8000円×ペット同乗料金10%×消費税10%=合計4万5980円となった。これに高速料金や燃料代がプラスされる。

  ちなみに、マイカーで河口湖へ週末2泊3日の旅行に出かけた場合、4人家族だと一般的なホテルや旅館の宿泊費用がおよそ4万円から5万円といったところ。これにレンタカー同様高速料金と燃料代、場合によってはペットホテル料金3日分(約4000円/日)がかかる。

  プライベートな空間を維持できるだけでなく、費用的にもレンタルキャンピングカーを選ぶ価値は十分にある。それよりもその楽しさは金額以上のものだ。

  いつしか子供たちも、自分の部屋にこもりスマホやゲームばかりで普段の会話も少なくなっていたのだが、今回の旅行でコミュニケーションも増え、親の知らないうちに勝手に成長していたのだな、と嬉しいようで寂しい思いもした。どこに出かけるにもいつも「行かなーい」という娘たちから「キャンピングカーなら行ってもいいよ」という言葉が聞けたのは大きな収穫だった。

  実際にレンタルキャンピングカーで旅した総評としては、運転面では確かにその大きさから最初は緊張から手に汗をかいたが、ベースが商用トラックだけに運転しやすくすぐに慣れることができた。

  キャンプ場所や道の駅(場所によっては車中泊禁止の所もあるので注意が必要)など、長時間駐車でも迷惑にならなくてトイレがある場所ならどこでもキャンプ可能。ただし長時間のアイドリングはNG。そのためには夏場ならエンジンをかけなくてもエアコンを使えるようRVパークなど外部電源が接続できる場所を予約しておくのがベスト。冬場ならFFヒーターというエンジンを切った状態でもヒーターが使える装備があるかどうか確認しておきたい。

  あと個人的なアドバイスとして、布団は持ち込みとなるのだが人数分の寝袋があると荷物もコンパクトになるのでおススメだ。

  家族とでもパートナーとでも友達同士でも、「レンタルキャンピングカー」での旅は新しい発見に満ちあふれている。筆者も我が家の「定番」とするべくまた新しい旅を計画するつもりだ。
引用:文/森吉雄一
写真/Adobe Stock(mapo@Adobe Stock)、キャンピングカーレンタル東京



Archives