キャン・ステーション サイトロゴ

MENU

news新着情報

車中泊ができる場所・おすすめスポット

更新日 : 2021.10.21

車中泊ができる場所・おすすめスポット

車中泊ができる場所・おすすめスポット

車中泊のためには、車を止めた上で車内で夜を過ごすことができる場所を探す必要がある。なるべく便利で快適な車中泊をしたいなら、食べ物を購入できる場所やトイレが使える施設などが近くにあることも重要なポイントだ。そういった気軽な「くるま旅」におすすめできる車中泊スポットを紹介する。

オートキャンプ場

車でキャンプするための場所がオートキャンプ場で、ここではもちろん正々堂々と車内に泊まることができる。車外にテーブルやイスを出したりタープを広げたりして積極的にアウトドアライフを楽しむのも大いに結構。もちろん、宿泊が前提になっているから、トイレやシャワー、調理場など生活に必要な設備も充実している。

また、SAなどではできないバーナーなどを使った野外調理やバーベキューが楽しめ、場所によっては焚き火も可能だ。キャンプ場によっては充電が可能な場合もある。

RVスポット

キャンピングカー、ステーションワゴン、ワンボックスカー、ミニバンなどRV(Recreational Vehicle)を想定した車中泊専用のスポットが「RVパーク」だ。社団法人日本RV協会(JRVA)は「安心・安全・快適」な車中泊を目指して「RVパーク」の名称で車中泊専用の有料宿エリアを認定し普及に努めている。

RVパークは大きめの車体でも楽に止められるように駐車スペースが広めにとられており、24時間使えるトイレや電源も完備されている。車外で調理を行うことは許可されていないが、決められたスペース内なら車外へイスとテーブルを持ち出してくつろいでも構わない。ゴミを捨てられる場所があり、1週間程度の滞在も可能だ。

RVパークは道の駅などの近くに設置されることが多く、有料ではあるが施設公認で車中泊を行うことができるのは心強い。電源が完備されており、スマホや携帯を充電したり家電を使ったりできるのもありがたい。また、実際に利用してみるとゴミを捨てられる場所があるのは意外に便利である。

RVパークは2018年10月末日現在で全国に110ヶ所あり、RVパークに準じた設備がある「RVパークライト」も徐々に増えている。1施設ごとの駐車台数は少なめだが、注目度が急上昇中で施設数が増えつつあるので今後の展開に期待が持てる。RVパークは基本的には予約不要だが、一部に予約が必要な施設があるので事前に確認しておこう。

道の駅

「道の駅」は全国の市町村が国土交通省道路局に申請し一般道に設置する公的な施設で「安全で快適な道路の利用と地域の振興」のために、駐車場やトイレなどの休憩所を設け、道路情報や観光情報などを提供している。

道の駅では地域色豊かな名産品を購入したりグルメを楽しんだりできるほか、その土地の歴史や文化を知ることができる観光レクリエーション施設なども置かれ、あらゆる楽しさを一度に味わえるスポットとなっている。
場所によっては温泉やレストラン、子ども向けアミューズメント施設、ドッグランなど家族で楽しめる施設が併設されていたり、絶景が楽しめる絶好のロケーションだったりと、地域により様々な特色がある。

こうした旅の楽しみに加え、24時間無料で利用できる駐車場やトイレといった、車中泊に便利な施設が充実している点でも道の駅はおすすめできる。

道の駅は2019年現在で全国に約1100ヶ所設置されていて、車で旅すれば行く先々で出合うことも多く、気軽に利用しやすいのも利点だ。気を付けたいポイントとして、道の駅自体は24時間営業でも温泉施設やレストランなどは利用時間が定められている場合がある。夜間に到着予定の場合などは、前もって利用可能な時間帯を確認しておこう。

車で寝るのを断念した場合は「スパ施設」の利用を検討

車中泊をしようと思っても車内でどうしても寝付けないこともあるだろう。そういう場合はスパ施設の利用がおすすめだ。

スーパー銭湯のような施設なら、シャワーを浴びることもできるし、湯船につかってリフレッシュもできるので、ドライブの疲れを癒やすにはぴったりの場所だ。24時間営業の施設が多いのもうれしいポイント。どうしても車内で眠れないときはスパ施設で温まり、仮眠スペースで休むのもおすすめだ。

Archives